<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0367279_23471200.jpg
エキナセアの花



不安障害(不安神経症・不安症)の人たちの、
劣等感・迷い、そして努力について、お話を少々。



神経質傾向の不安障害の人たちは、生存欲と完全欲があいまって、
あれこれ迷ってごちゃごちゃと考える傾向があります。

ごちゃごちゃと考えることに対し、
「迷う自分がダメだ」と劣等感を持っている人も多い。
でも、ここで少し考えてみたい。


<不安障害の劣等感と迷い>

逆説的に考えれば、あーしよう、こーしようと迷うから、
心配り、目配りが出来て、その場に応じた動きも可能になる。

迷いがあるから、人に失礼な態度をしないよう心掛けができる。
これは不安症や神経症の人たちには失ってほしくない、素質であります。
いつも述べてる、欠点と思っていたのが長所です。

そして、

<不安障害・神経症 努力とは>

元来、不安障害の人たちは真面目で謙虚だから、
いろんな場面でマイナスに考えてしまう傾向があります。
だから、人よりも努力しなければという気持ちを持っている人も多い。

そこで考えたいのが、
劣等感に自分が責められ、引き込まれてしまって努力するのと、
「劣等感はあってもいい」と理解し、努力するのでは、
今後の景色がまるで異なってくる。

いつもいうように、不安障害の不安症状、パニックはその人の生存欲の現れです。
つまり、意志が極めて強く、向上心が旺盛の現れでもありましょう。

言葉を選ばず申せば、
意志が弱ければ、向上心どころか、冒頭の心配りもできなくなるかもしれない。

自分は弱い、意志も弱いと思っている人の心根は強いのです。
なぜなら、弱いと思っているのは、常に自分の完全欲から、
自分を観測している態度が備わっているからです。
これは、簡単なようでなかなか出来ないものです。
ここに気付けないのは、不安の陰に隠れていたから、
まさに、とらわれていたから。

さて、ここで劣等感や迷い、不安があってもいい、と何度も申しています。

ここで、われわれが不安が「あるから良い」ということと、
みなさんの不安は「あっては困る」との間には大きな溝なり温度差がある。

どうすれば、この大きく横たわった溝を飛び越えれるか。
ここも不安解決の要諦となるところ。


悪戦苦闘の末、ここがぴたりと分かったとき、
不安症状と名付けていた一切のものが破壊されて、
不安は不安なりの本来の役割を成して流動し初める。

同時に、不安の陰に隠れていた、あらゆるものが現れ初め、
ますます前進していくと考えます。


どうぞ良い週末をお過ごしください。




不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/



by mental-online99 | 2018-08-25 23:47 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)
e0367279_00254666.jpg

ラベンダーの丘。(ファーム富田 富良野)



不安症状の治った状態、あるいは、
不安の無い状態というのはどのようなものか、
不安障害(神経症・不安症)の「不安が無くなる」についてご質問がありましたのでお話を少々。


一般的に想像される不安感のない状態とは、たとえば

●心臓の違和感であれば胸のざわつきが無くなった、ゆっくり静かに脈を打つ状態。

●漠然とした不安感もなく、パニック発作も無いすがすがしい心の状態。

●病気が心配にならない、物事に動じない、緊張や恐怖の無い堂々とした心の状態。

いかがでしょう。


不安障害のたとえ話に、地下鉄の騒音があります。

なぜ、不安感はとらわれるのに、あの騒音にとらわれないのか。騒音の中で本を読んだり、スマホを見たり、或いは寝ている人さえいます。

私たちは、地下鉄の騒音をどうにかしようとか、気にしないでおこうとか、心のやりくりがありません。

これは、どうにもならないから、そのままであって自然に受け入れている状態。
そこには、まったく反対する心が存在しない。
したがって、とらわれる隙間がないので、不安感も顔を出す出番さえない。

この地下鉄の例で申せば、
不安が治った状態というのは、不安が無くなった、消滅した状態になるのではありません。

自分の不快、不安を受け入れた時、
これまで不安症状と呼んでいたものが、不安があってもまるで問題にならない。
不安感そのものに反対がないので、不安があった事さえ気付かない状態に前進する。

このとき、ただ不安、ただ不快でそれだけ。
その後が続かない。

不安症状は、自分は不安や恐怖を感じてはいけないと否定し、不安と戦うことで不安が強くなるのが特徴。
これはいつも申し上げている通りです。

まずは、
不安、不快を感じやすいのが自分。
緊張しやすいのが自分と、知り分けることから不安解決がはじまります。

そしてもうひとつ。

不安症状はどうにもならぬところを通るので、どこかで自暴自棄になるかもしれない。

しかし、ここでも羽目を外すことなく、独り悪戦苦闘するのが自分であり、良い意味であなたらしさでもある。

神経質で嫌な自分ではなく、むしろ慎重で用心深い、こだわり強い性格だからこそこれらが役立っている。

前回申し上げた、欠点が長所になっている自分を見つけるです。


かつて神経症で苦悩された倉田百三氏が晩年に、
  「雲にただ、今宵の月をまかせ、いとうとしても晴れぬものゆえ」と読まれている。


どうにもならなぬところを通って、
そのままに徹したときに心は展開してくるのだ、と。

心に響く一句です。



不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/

by mental-online99 | 2018-08-22 00:27 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。神経症 不安障害・鬱(抑うつ)などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31