決断 その勢いと鈍さ - 不安障害・神経症

e0367279_23311948.jpg


 「 病気を診ずして病人を診よ 」

この言葉が広く使われていることはご周知の通りです。
今回も不安障害、神経症についてお話を少々。

昭和初期当時、 慈恵医大精神神経科初代教授, 森田博士は診察について次のように話されています。

   「自分は(森田博士)大学を出たばかりの若い時代には患者を診ても診断がよく的中した。時によっては、先生や先輩よりもよく的中することもあるので、自分も医師としてまんざらでもないぞ、とひそかに得意の時代もあった。しかし、年をとるに従って、昔のようにテキパキと診断がきまらず迷うことが多くなった。それは、病人を診て病気は確かにこれだと思っても、その病人の妻や主人、或は子供の嘆き、万一のことがあったら後はどうなるかを思うと、なかなか決断がつかない。病気は確かにこれだが、しかしこれに反対する学説もある。これを否定するこうしたデータもある等と考えて、若い時のように簡単に結論がいえなくなった。」

どの業種もそうですが、年を重ねる事に心配りが多方面に向くようになります。
自分が心を痛めた経験があるからこそ、慎重に用心深くもなる。
決断が鈍るというより、決断を下すことによってあらゆる方面に影響がでるのではないか、といった温かい慈しみの心でありましょう。

本来、このような局面では、バッサリ言われて凹み、後を引くことも多いですね。


神経質だからこそ可能な心配り。
慎重に慎重に、心を配りつつ物事を運ぼうとするその用心深さは決して無くしてはならない。
むしろこれらを誇りに思い、鋭敏な神経質を武器として生かし、日常生活、仕事に役立てていただきたいと願うばかりです。

当時、大学病院の医師は言行録の中に「神経を太くすること」と題して、なかなか面白いことが記されていますのでご紹介したい。

  『 私がかつてそうでしたが、神経質な人がよく陥る間違いはデリケートな感受性が、そのまま自分の弱さに通じるもののように早合点しやすいことです。私が森田博士の指導を受けていました時、「 針一本落ちていてもこれを感じ取れるような神経をもっていなければならない、神経質が足らない。 」と教えられた。』


森田博士は、「 神経質は天与の賜物であり、これを邪魔にしないでこれと仲良くなれ 」と諭されています。

ごちゃごちゃ考えては取り越し苦労をして不安になる。
だけども、それが自分。
かけがえのない自分自身なのであります。




※先日、読者の方から、「同じような症状をもった不安障害(神経症)・パニック障害の人たちと触れ合うことのできるコミュニティがあればうれしい。」と感想を戴きました。ありがとうございました。
皆さまからの貴重なご感想、体験談を含めメッセージをお待ちしております。



不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/
by mental-online99 | 2018-09-23 23:38 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。神経症 不安障害・鬱(抑うつ)などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31