それはそれなりにして良し − 不安障害(神経症)

e0367279_19154490.jpeg


  私たちの心は、ああでもない、こうでもないと考えつつ生きている。恐怖があるから、予め用心する心が生まれ、予期不安があるから適切な予防も可能となる。劣等感を感じれば、頑張らなくてはならないと思いこころを鼓舞させる。

  ここで不安障害(神経症)の人たちは、「周囲の人たちより遅れをとっている」或は、「自分は少しも出来ていない」と劣等感を抱くことがよくあります。これは徹底した完全欲である神経質傾向の特徴からでる劣等感であり、実際は皆よくできている。
  劣等感を感じれば、その劣等感に足を引っ張りこまれてしまって、自分はダメなんだと引きこもってしまう人と、ダメだから這い上がろうとする人では、今後の景色もがらりと変わってきます。

  最初は、駄目な自分として足を引っ張られ、劣等感と戦い下敷きになっている。しかし、「そうではなくて劣等感があるから良い。ダメだと思う自分があるから良い。」と理解すると徐々に前進をはじめる。飛べなければ走り、走れなかったら歩き、歩けなかったら這うといった努力家、野望に満ちた人が良い意味で不安障害(神経症)には多い。

  この執念、這い上がろうとする心が不安障害(神経症)の徹底した完全欲であり、称賛に値する心の強さである。私たちは、迷い、適当な雑念を抱いて生きている。迷うからこそ大きな過ちもない。むしろ、迷うこと、恐怖、不安がない人ほど意志が弱いかもしれない。神経質傾向の不安障害(神経症)のひとたちは、このように意志が人より強いから心の葛藤(不安や恐怖)が大きくなる。だからこそ良い。

  ここのところが最初のうちはわからない。これは止む負えないこと。しかし、やがて心も熟してきます。あの不安はこうだった、あの恐怖はこうであったと悪戦苦闘しては納得するの繰り返し。これらを散々遣り尽くしたあと、そのとき、心も動きだし展開していくのです。

  森田学説で申せば、不安障害の症状と思っていたところも、価値転回をすれば症状と受け取らず、有るから良いということでもある。この「有るから良い」と、「有るから困る」という人との間には、かなり大きな溝が横たわっている。すなわち、症状を持ち合わせる人達にこの溝をどうやって飛び越えさせるのかであります。

  プロの野球を例に申せば、大リーガーが「ヒットの打ち方」と書籍を出版して読んだところで大リーガーのようにはならない。自分でバッターボックスに立って、経験して失敗して身に付いていくもの。不安の解決も同じで、なんども何度も首をかしげながら、その溝を飛び越えていかなくてはならない。症状はあっても、「それはそれなりにして良し」と思える日まで。



不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/

by mental-online99 | 2016-11-14 19:40 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。神経症 不安障害・鬱(抑うつ)などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30