不安が有った、無かった − 不安障害(神経症)

e0367279_19154295.jpeg

  
  不安障害の人が問います。

    「不安症状はどうすれば無くなるのか?」、と。

  
  不安が無くなった状態になるのではなくて、

  不安が有っても、不安を問わない、不安と戦わない心の態度に展開し、

  そのうち、不安が浮かんで来たことさえ、分からない心の態度になっていく。

  ただし、不安を相手に戦っているうちは、なんども不安は顔をだしてきます。


  

  つまるところ、不安を追い払おう、取り除こうとしたから不安症状を持つに至った。

  徹底的で、完璧主義な心のはからいが、ますます不安を亢進させたともいえます。


  頭に浮かんだ不安・雑念を、取り除いてから次をしようと、やり繰りしたから

  雑念(観念)に追われる結果となった。

  眠ろうと、計らったから眠れなくなった。



  不安は今この現在、そして将来への用心として本来役立っています。

  この不安こそが、自らの気を引き締め、

  周囲や家族を守る要ともなってもいます。

  

  
  不安症状を持ち合わせる人がさらに言います。


   「不安がなくなってきました、良くなって嬉しいです。」、と。


  ここで、

  不安が無くなったと喜んでいるうちは、不安が頭を出すとたちまち

  再び不安に陥ってきます。


  そうではなくて、不安が有った、無かったさえ問わなくなってくる。

  不安を相手にすることが、面倒になってくる。

  そうして、やがては、われわれさえ必要としなくなり、忘れていかれる。

  この経過こそ、不安障害の解決に必要な心の展開なのであります。


  不安症状を大げさに申せば、道行く一般の人には耐えられない苦悩とも表現できましょう。

  悪戦苦闘をして、これに耐え、そして倒れてもひたすら前進していくのが、

  この症状を持ち合わせた人たち、

  すなわち勇者であると思うのです。

  
  
不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/

by mental-online99 | 2016-10-27 20:13 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。神経症 不安障害・鬱(抑うつ)などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31