人生の旅

e0367279_19151171.jpg

e0367279_19151150.jpg


 写真は、北海道の風景です。1週間以上にわたり、北海道の各ご家族宅へお邪魔してまいりました。
北海道は私にとって長年勤務した思い出深い街です。広い大地のあちこちに仲間もいて、空気、水、食材も合わせて大好きな街です。
 ご家族や当事者の皆さま、雄大な大地の如く、良き時間を共有できましたこと改めて感謝申し上げます。

 さて、この出張ではないですが、まさに人生は「旅」であります。
旅をするからには、目的地を定めた上で、建設的に歩んでいきたいものです。

 人生の旅であるその道中では、様々な出会いと別れがあります。いろんな災難や病気もあるかもしれない。人生の目的さえしっかり理解していれば、心も保てその様な局面においても目指すべき道を見失うことも少なくなると信じます。そんな波瀾万丈な道中、できれば神経症傾向の人たちには、一人で歩む道を決めてもらいたいと思います。特に、これまで親御様に行き先を任せてきた人なら尚更です。

 言葉に誤解を恐れず申せば、私がお会いしてきた多くの神経症の人たちは家族の過干渉が多い。当事者と親御様と三者でテーブルを囲んだ場面を想像してほしい。当事者が何か私に話そうとするのだが、すぐに親御様が助け舟を出し、親御様或は配偶者が話を噛み砕き長々と続けてしまう。このような生活が20年、30年或は40年過ぎている人たちが多い。したがって、当事者+ご家族が共依存化した生活環境が形成され、今に至っていることを憂慮してならない。
 ぜひ、一人で決断し今後の人生を歩いてほしい。失敗しても良い。その失敗が何事にも代えがたい血肉になっていく。そこを通って、人生の目的と云うものを、症状を持ち合わせながらも体験的に理解していくものであります。たった一回しかない人生、たとえ小なりと云えども、中なりと云えども素晴らしい人生を過ごす権利と自由が皆にあるはずです。

 この度の北海道出張。ご家族と何度か話題になった事に、「単に医者任せになってはいないか」、と云う話がありました。少々難しいお話になるのですが、保険診療の場面では、どうしても診てもらう権利と云った態度になりがちです。前回のBlogでも述べたように、「私には診てもらう権利がある、さあ治してください」と云った医者任せの状態では、先々の生活史にも大きく影響してくると感じる。ではどうすれば良いのか、、については各々考えてみて戴きたい。

 日本人口の4人に1人が精神疾患と云われている時代。
神経症や鬱など、精神症状を持つに至った皆の回復が遅れることは、何より日本社会にとっても大きな打撃であるし、遠く離れて暮らす関係の無いわたしたちにとっても社会的打撃は大きい。なぜなら、元来神経症の人達は、頭も良く、仕事が出来る人が多い。場の空気を読み解く力も鋭く、出世型タイプであります。今は唯、症状に囚われているに過ぎない。

 特に神経症類の人たちは、既に薄々お気づきのように、神経質ならこの不安症状はいずれ解かなくてはならない人生の大切な節目にある。神経質の人たちはそれを、ある時は泣き、ある時は安堵し、ある時は恐る恐る粘って進まなくてはならない。この不安症状は時にしつこく、どうにもならないから自暴自棄になりそうな時もあろう。しかし、あるがままに粘って進めば、背負っていた不安症状とやらも肩から落ちていく。

 ある禅匠が、「不動の心とはどういうものか?」と聞かれて、次のように答えています。
「東奔西走(とうほんせいそう)」、と。
 つまり、このように解釈できます。東に走り、西に走る。留まっていない自由な心であると。
不動の心とは大きな石のように動かないと誤解している人も多いと思いますが、実はそうでなく、四方八方に気を配り、最新の注意を払って、しかもどこにも心を留めないことを云います。

何事にもこだわらず、とらわれず、かたよらず時処位に応じて自由自在にふるまう。それが不動心と私は心得ます。

 

不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html



◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。

http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/
by mental-online99 | 2015-05-29 22:41 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。不安障害・鬱、アルコール依存症などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28