お盆 - 従順にあなたらしく生きる

  悩むことが、「あってはならない」と、自責しこころを操作やりくりしていないでしょうか。

  悩み苦悩することは、ことさらに不幸ではなく、生きていく上で自然で人間らしいあるべき時間と私は考えております。自分だけが、自分の家だけが、、と悩み苦しむことは大変つらいことですが、その自然な流れに抗うよりも、むしろ「あるがまま」に事実を受け入れることが大切。

  私の座右の銘に、「自然に服従し、境遇に従順なれ」、があります。
昭和2年当時だと思いますが、慈恵医大初代精神科名誉教授、森田正馬博士の言葉です。
気分はあるがままに認め、状況にふさわしい行動をとっていくこと、を意味すると私は解釈しています。


  私も昨年、まだ若い家族を亡くしましたが、私自身こころ穏やかに暮らしていくことは難を要しました。しかし、私たちはこの運命や自然、言葉を変えれば無常、をあるがままに認め、まさに今目の前にある一瞬一瞬を丁寧に行動していくほかありません。この一瞬の地道な積み重ねが、先々の自分を作ってくれると考えます。


  昔の言葉ではありますが、「日が照れば下駄屋の息子を思い、雨降れば傘屋に嫁いだ娘を思う」、と云う言葉があるように、状況はなにひとつ変わってはいないのに、人間は常時心配症であり、悩み煩悶するもの。これが良いとか悪いとかではなく、自分にとって幸せとは何か、、このお盆の終わりにじっくり自分と向き合ってみるのもいいかもしれませんね。


  意外に、「幸せ」とは、ありふれた日常に隠れているもの。
無いものに目を向けるのではなく、有るもの(足るを知る)に目を向ける時間も必要なのかもしれません。



統合失調症・アルコール依存症・薬物依存症専門の病院施設搬送は, メンタルヘルスONLINE


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/
by mental-online99 | 2014-08-16 17:45 | 統合失調症 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。神経症 不安障害・鬱(抑うつ)などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30