薬物依存症・アルコール依存症 「敵は患者ではなく、自らの心であった」家族の言葉

  「危険ドラッグなど薬物依存,アルコール依存症、受診あるいは入院させるには、家族は何をもって判断すればいいのか?」

  私どもは次のようにお答えしている。
あくまでその判断はご家族でありますが、日常生活に明らかに支障をきたしている状態。その状態とは、薬物をしている当事者はもちろん家族にまで心身共に支障が出てきている状態を示します。ある家族は当事者に悩むあまり、不眠や抑うつ状態になったり、残された子供たちまでが当事者におびえ動揺している状態などその家庭環境は様々です。

  危険ドラッグを継続的に使用していると、その多くは、統合失調症に似た症状(幻聴、被害妄想、奇異な行動など)が発現し、ひどくなると警察や救急車を呼ぶことになる。嘔吐やカラアゲ(嘔吐はしないがオエオエと吐くような症状)、瞳孔が開く、目が座る、大声で叫ぶ、制止する家族を払いのけ薬物を買いに行くなど脱法ハーブの症状も様々であります。

  私どもが毎日のように病院搬送する中で経験的に云えることは、脱法ハーブなど依存症にまで深く陥った場合でも、症状には波があるため(うねりがある為)、正常に戻った、治ったのではないか、と思わせる時間(期間)があることです。この時間帯に当事者と話せばきちんと対話もできるし、当事者も「辞める」と家族に断言する場合もある。すると家族はその当事者のもっともな話を「もう一度チャンスを与えてみよう、信じてみよう」と云ったことを繰り返されているケースも少なくない。

 しかし、「進行性の病気」と考える薬物依存症は、「今度こそ辞める」とした気持ちで辞めれるような甘いものではないことを私たちは現場経験で知っている。最終的には、上記の通り、家族が判断しなくてはならない。その判断とは、相談し尽くしてきた家族であれば理解ができるはずであります。

 大切なことは仮に入院加療や外来治療が始まって途中で当事者が投げ出したとしても決して驚かない、悲観しないことです。投げ出すことは折り込み、投げ出したことイコール決して人生の終焉ではありません。これが依存症の治療であると知り分けると同時に、まだ治療のレールに乗っていると考えることが肝要です。

 危険ドラッグなど薬物依存の当事者に悩まされているのもあなた。家族を守っているのもあなた。脱法ハーブなど薬物を購入する経済的支援をしているのもあなた、問題を起こした当事者を守っているのもあなたなのかもしれません。

 

  「敵は患者ではなく、自らの心であった」

  この言葉は長年当事者の治療に結び付けることが出来なかった家族自身の心の戒めであります。この言葉は決して飾り付けたものではなく、多く悪戦苦闘を繰り返し遣り尽くしたあとに残された言葉であります。また、最後に、このような状況になっているのは、決して家族(親御様、配偶者)の責任ではありません。

  よく、育て方が悪かった、親の責任、などと自責をされる家族もお見受けしますが、そうではありません。むしろ、世間体を気にして「家族の恥だ」、と思いこんで行動を起こせないご家族がいらっしゃれば、是非その「あなた自身」に向かい合っていただきたいと思います。それこそ「敵」は依存症の当事者ではなく、孤独に悩む「あなた」なのかもしれません。


アルコール依存症・薬物依存症、人格障害・統合失調症の精神疾患の病院施設搬送は、メンタルヘルスONLINE


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/

by mental-online99 | 2014-06-27 15:54 | 薬物依存症 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。神経症 不安障害・鬱(抑うつ)などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30