心の病 精神疾患の人たちは、むしろ「強い」

 今日は冬晴れ。関東は雲ひとつない快晴でした。
症状のある人も、そして周囲のご家族も、太陽を浴びていますか?

 特に、精神疾患の人たちはこの日光浴が非常に大事と云われています。文部科学省のHP(ホームページ)をみても、この太陽光の重要さが述べられています。時間があれば、ぜひ積極的な日光浴をおすすめいたします。

 さて、今日は「心の病 精神疾患の人たちは、むしろ”強い”」と書きました。
私のところに来られる人たちは、最初みんな「私は心が弱いから病気になる...」、「心が弱いから仕事にもつけない..」、などいろんな悲観的ことばが出てきます。

 私は言います。
「いや、そうではないんです。むしろ強いのですよ。考えてもみてください、たとえば一般の人たちが皆さんと体が入れ替わることができたとすれば、普通の人たちは耐えられない、立っていることもできないですよ。それに比べて、皆さんはこうやって症状を耐え忍び、また歯を食いしばって復帰しようと悪戦苦闘をされている。この心を誰が弱いと言えましょうか。」

 鬱にしろ、不安症状、パニック発作、幻聴、不眠、またこれらに連動して身体症状も起こってくる。
しかし、みんな愚痴をいいながらも復帰を願い、こうやって私のブログも読み、なんて真面目で粘り強いことか..と私は思う。これは実際に、患者と云われる当事者、そしてそのご家族と接していないと理解ができないことかもしれない。

 最後に余談ではありますが、我々のブログの題名に「守破離(しゅはり)」とあります。これは、千利休の有名な言葉であります。

『守』
 どの道(仕事など)にも先生や師匠がいてお家の型があります。基本を忠実に守り、繰り返し繰り返し型の稽古をする。企業仕事に例えると、理念、目的を理解し、仕事の基本やり方を徹底して守る。即ちマナーや会社のルールであります。

『破』
 型は昔から受け継がれているが、実は少しずつ自分の工夫が加わり次第に良いものだけが残されてきている。会社仕事に例えると、常に目標を明確にし自分自身で創意工夫をしながらチャレンジをしていく時期。

『離』
 受け継いだものを守りながら、現代にあわなくなったものを捨てる。そこに新しく、独自の世界(オリジナリティ)を創り出していく。会社仕事に例えると、自分自身の創意工夫を新たな仕事に置き換え、理念の具体化を目指し発展させていく。歌舞伎などは良い例ですね。

 もっとわかりやすい実例でいえば、よく接客される時に、どうもマニュアル通りでぎこちない思いをされた経験はないでしょうか?いつまでも「守」ではいけない。失敗してもいいから時期が来ればまずは型を破り、チャレンジしていくことです。そしてやがて失敗するときが必ずきます。今度は、なぜ失敗したのかを慎重に考え、そして工夫を凝らし、再度チャレンジしていく。この繰り返し繰り返しが、やがて「離」を生んでいきます。

 治療も同じです。先生や我々から言われたことを疑ってもいいから、まずは守ってやっていく。次に「破」、守りながらも、自分なりの工夫を入れていき、最終的には、独自の発見や心が芽生えて、その何もかもが自分の血肉となり、ゆるぎない不動心になっていくのです。

 ただ、これを述べたからといって、すぐに会得しなくては...ではありません。まずはこんな言葉もあるのだな~で十分です。



不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html



◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/


by mental-online99 | 2014-01-29 19:33 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。神経症 不安障害・鬱(抑うつ)などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30