心の病にみられる 完全欲と取越し苦労

「外相(がいそう)整いて、内相(ないそう)自ら熟す」 

 外側(例えば服装など)から健康人らしくすれば、内側(心)もおのずと健康になる、と云う意味です。有名な言葉ですが、精神治療の場ではお薬は処方されてもなかなかこのような指導はされない。

 不安障害や神経症性うつ病(以下内因性とは異なる)など、「どうせ外出はしないのだからパジャマのままでいいや...」となりがちであります。不安やうつなど症状がある時は気も滅入ってしまい、めんどくさくなる。わかってはいるのだけど、あれこれ考えてるうちに昼になり夕方になる。そして自分のココロは落ち込むばかり。傾向としては、「やる気になってきたらキチンと服装も整えて外出しよう」、「症状が回復してきたら〇〇しよう!」など心が整えば動き出そう、このような傾向があります。そうではくて、逆なんですね。
 回復途上の心は、外から内に働きます。これは一般の人たちにも云えます。たとえば、スーツにネクタイ、女性であればお化粧やスーツ、御着物を着ればおのずと心もピシッとするものです。不安障害やうつの人も同じです。

 まずは、嫌々でも朝早めに起床して身だしなみを整えてみましょう。外相を整えることで心も動きだし、気が付けば周りの生活環境も自然に動き出します。これを繰り返し繰り返し、継続的に粘ってやっていくことです。まれに、一日や二日これらをやってみた人が、「全然変わらないよ~」と言う人がいますが、手品ではないのですから短時間で結果がでるようなものではありません。

 さて、本題ですが心の病の人たちの傾向として、前述のようにすぐに結果を求める人が多い。
これは、完全欲が強く、取越し苦労が多く、小心なゆえ、おのずと心の疾患に陥りやすいと私は感じます。もっと細かく申せば、毎日が爽快に目覚めて、毎日明るく楽しく暮さなければならない、と云いう所謂「〇〇でなければならない」主義であります。
 したがって、この〇〇で無くなってしまうと、たちまち心が崩れ始める。すると今度は身体にもその影響が発現してくる。不眠や動悸、交感神経の活発化など様々です。考えても見れば、我々でも爽快に目覚めることは一年を通してみてもそう何日もあるわけではない。毎日、「あ~だるい、いやだな~」と思いながら、一日の必要ごとを成していくのが普通であります。

 しかし、神経症領域の人たちはこだわる。ひどい場合は、こうなったのは親の育て方が悪いのだ、と発言する当事者もいます。このような完全主義(0か100か、赤か白かなど)、〇〇であるべきと云う「べき主義」は親の育て方がどうのと云う問題ではない。むしろここで立ち止まってごちゃごちゃと考えているそのものが問題なのであります。
 お薬治療も必要ですが、精神療法(心理教育)を通じてみずからが何故ゆえこの疾患に陥っているのか、心のからくりを知りわけること、この時間こそが強化された心を作り人間的にもますます大きく育っていくと私は強く感じるのであります。





不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/




by mental-online99 | 2014-01-26 11:53 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。神経症 不安障害・鬱(抑うつ)などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28