<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0367279_19152903.jpg

 ↑  新大阪駅 秀吉公馬印 「千成びょうたん」

 我々の業務は、都道府県の警察署からご紹介戴くことも少なくない。逆説を申せば、だからこそ病気の疑い有る対象者を医療に繋げることができるのかもしれない。

 最近は、ドラッグ(薬物依存)の疑いあるご相談が再び増えてきたように思う。我々も現場に急行しては、その化学的なにおいが充満する中で対応に追われることも屡々です。特に危険ドラッグの場合、本人が今は心身何ともなくとも急変する事例も多く、若くしてその生命を落とす現場を見ては、改めて薬物の恐ろしさを思い知らされます。もちろん、アルコール依存症の現場も同様である。

 薬物依存そしてアルコール依存で、我々にご家族が相談に来る頃には、既にその家族も精神的になんらかの支障をきたしていることが多い。御家族が本人から深夜、早朝とわず就寝中に起こされる。お金の無心があって喧嘩になる。そしてアルコールであれば、お酒を買いに走るのも家族。また、その症状の対応に追われるのも家族である。その苦悩、心理的な負担は大きい。依存症問題が夫婦であれば、夫あるいは妻の連続飲酒が原因でその離婚率は極めて高いことも現場対応をしていて痛感する。いわゆる、一般精神科目とはまるで異なるところに依存症問題は位置しているのであります。

 話は変わりますが、先日、お世話になった警察官と街中でお会いしました。聞けば、間もなく勤務地を移動するとのこと。梅も散ったこの時期、転勤の季節、、。お世話になった5年と云うのはあっというまでありました。あらためて、警察署員をはじめ、我々の要請を快く受け入れていただいている医療機関の皆さま、感謝、感謝であります。

 我々、精神科救急搬送は、対象者を一刻も早く病院へ搬送することが目的でもある。一方で、100人100色の家族背景の中、病院へ繋げることに不安する御家族をどうすれば背中を押してあげれるのか、、と、いつも考えさせられる。
 
 又、人には言いにくい、自分たちの家庭内の問題を、こうして他人の我々に包み隠さず話していただくご家族の皆さまにもお礼を申し添えたい。ありがとうございます。


 別れと希望が交錯するこの季節。
襟元を正す気持ちで業務に向き合いたい春であります。
by mental-online99 | 2016-03-20 23:54 | 薬物依存症 | Comments(0)

東北から一路、西日本へ

e0367279_19152847.jpg


 ↑ 東北のご家族、数か所を訪問し、急ぎ南へ。


e0367279_19152923.jpg


 ↑ 浜名湖を西へ通過。

 今回お会いしたご家族の中には、きつい症状こそあれど、

 「病人にはならないぞ!」、と語ってくれた。

 外相整いて内相自ら熟す(がいそうととのいてないそうおのずからじゅくす)、の心であります。

 
 又、会津を訪問したとき印象に残ったのは、今も武士の心が伝承されていたこと。


 ご存知のように、会津でよく聞く言葉に「什(じゅう)の掟」があります。

一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
三、虚言を言ふ事はなりませぬ
四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

 ならぬことはならぬものです


 所作、作法だけでなく、「心」を伝承していく先生たちの気迫は、まさに会津武士そのものでありました。
by mental-online99 | 2016-03-03 15:26 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。不安障害・鬱、アルコール依存症などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31