<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

私の恩師は、「あるがままに生きる」ことを、「現在になり切る」と表現されていた。
森田先生が唱えた「そのまま、あるがまま」の心的態度を神経症(不安神経症・対人恐怖症・強迫観念・神経症性うつ病など)の人たちにどうやってその心を打ち出すのか、を考えてみたい。

 森田先生や恩師、鈴木知準博士の云う「あるがまま、現在に成り切る」は、宗教的雰囲気を一切除いた、人間本来の純なこころの態度と私はとらえている。症状を度外視した、不安になり切る、現在に成り切ったこころの態度である。

 鈴木博士は昭和61年当時、環太平洋精神医学会において「森田療法とその治療効果」と題して40分の公演を依頼されたとき、これを英語による講演をされたわけだが、その折この「あるがまま、現在に成り切る」をどう訳すかが問題となった。これはどうも日本人独特の精神であり、結局「現在を受け入れる」と訳すより言葉がなかったようです。欧米人には当時、この精神を理解されることができなかったことを悔やんでおられたことを思い出します。

 さて、症状をあるがままに受け入れ、ヨタヨタでも必要なら手を出していく。
これは単に知的に解釈するのではなく、実際に行動としてこころみにやってみる生活態度が重要です。私は今、ブログ言葉として書いているが、これは極めて重要なことであるがゆえに説明が困難であるのがもどかしい。

 
 森田博士も、鈴木博士も、神経質症状(神経症)は本来正常な現象であり、これらの人々は内向的、自己意識性、完全欲、強い生存欲の性格的傾向をもっていると語っている。確かに、10代から30代の青年期には自らの身体的、精神的状態において、ほんの少しの異常感覚にも敏感に反応し、不安や鬱状態に陥りやすい。ただ、これに「とらわれ」てしまうと、長きにわたって苦悩することになる。

 この症状の発展を考えると、その症状に注意を向けると、それはさらに強く感じられ、その結果としてさらに注意が強く向き、さらなる症状が強度に現れる結果となる。
 つまりは、不安や鬱を無くそうと、この心の事実をコントロールすると、逆に不安や鬱は強くなってしまう。大切なのは、症状に固着した、とらわれの心をどうやって解決するのかであろう。私たちはこれらを薬でどうこうと云うのは急性期の発作以外に用いることはいささか疑問にさえ感じる。

 ここでは多くは語れないが、大切なのはその不安症状に反対しない徹底して受容した心。
ここを通って、不安があってもそれだけ、鬱があってもそれだけ、それっきりの自由な心の態度、「あるがまま」に至り得ていくと考えるのである。



メンタルヘルスONLINE
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/
by mental-online99 | 2014-04-16 17:00 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)
私がよく口にしている言葉に、「柳は緑、花は紅」があります。

 柳の葉は春夏秋冬いくら努力をしても紅の花にはなれないし、紅い花もいくら努力をしても紅い花である。つまり、人間も同じことでそれぞれが、「あるがままに生きる」ことが大切、という意味。不安神経症や対人恐怖症、抑うつの人たちの多くは、不可能を可能にしようとする努力をする。この言葉を借りると、緑を紅にする努力をする。

 もっと噛み砕いて説明すれば、完璧主義者ゆえ、緊張や不安を感じる場面であるのに、「緊張や不安を感じてはならぬ」と心で闘う。不安感が自分に不利と心から追い出そうと闘う。しかし、どう抗っても無理であるからますます心はこんがらがってくる。

 もっと実体験として説明すれば、電車の中で急に不安感を感じた人がいた。普通の人たちは、「こんなこともあるさ」で過ごすところを、病気に敏感な神経質な人はここでこれを不利と感じると同時に、あせる心からこんどは脈拍も早くなる、呼吸も浅く早くなる。ここまでくると今度は、車内で倒れるのではないか...とあらぬ方向に心が向いてしまい卒倒しそうになり次に停車する駅で降りると同時に座り込む人、帰宅する人、病院へ向かう人などがある。

 心臓に違和感を感じたものだから、近くの病院に駆け込み心電図やレントゲンを求めたりする。しかし異常は見つからない。すると今度は、この医者は信用できないからと、大きな病院を訪ねる人も多い。

 これらの心を、頭で理解するのではなく、行動的体験的に理解させ、病的(症状にとらわれている様)、内向的になっている精神的エネルギーを今度は建設的に外へ外へと向かせる作業が必要となる。これら症状にとらわれてしまうと、もう自分の不安感、鬱などまるで体にアンテナを張りめぐらせたように、心の変化に敏感になる。ここまでくると、たとえ家族や医師が説得してもダメである。

 本来人間というのは不安感を伴ったり、鬱になったり、恐怖におびえる場面があったりと、心は絶えず流動変化しているものです。しかし、神経症や神経症性うつ病の人たちは、これらを理解するまで時間がかかるのが一般的である。

 しかし、彼ら彼女たちは元来賢い人たちが多いので、この心のからくりを時間をかけてまるで薄皮をめくるように再教育してあげれば、意外と早くに解決するものである。症状と云うのは、逃げれば逃げるほど追いかけてくる。闘えば闘うほど大きくなる。だから症状と云うのは、「あるがまま」に受け入れて、やるべき必要なことをただやっていく、というのが大切なのですね。



メンタルヘルスONLINE
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/
by mental-online99 | 2014-04-14 22:43 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

あるがままに生きる

  関東地方の桜も、葉桜へと変わってまいりました。三寒四温、日中も夏日と思えば、夕方以降はグッと冷え込む季節です。体調管理には注意したいものです。

 さて、私の考えの基本には、日本で心理療法(森田療法)を創始された、慈恵医科大学病院初代精神科教授、森田正馬博士、及び恩師「鈴木知準博士」が流れています。

  心理療法とは逆に、これまで長年にわたり精神科救急にかかわる患者搬送にも従事してまいりました。この森田療法と云われる心理療法の場面と、精神科救急搬送の現場でみる光景と云うのはまったく異なった次元であります。その精神医療の現場を俯瞰してきた経験に基づき、私の考えを述べてみたいと思います。

  私はここに、「あるがままに生きる」と題しました。
これは、決して大げさではなく私は患者様(以下、当事者)と関わる中でいつも自問自答してきました。森田療法の言葉に有名な言葉があります。「自然に服従し、境遇に従順なれ」

  この言葉を私なりに解釈すると、「自然に抗わず(逆らわず)、あるがままに、自分らしく生きていくことが大切。つまり今の境遇を素直に受け入れ、いかに治すかではなく、いかに自分らしく人間らしく生きるか、なんのために生きるか」を問われる言葉でもあります。

  統合失調症、うつ病、不安障害(不安神経症)、アルコール依存症など様々な経過や症状があります。
 「治す」とはどういうことか・・

 私の経験則から申せば、多くの当事者が再燃を余儀なくされています。
一過性として寛解されたのは別として、治そうと頑張れば頑張るほど皮肉にも症状が顔を出すケースが多いように思う。
 現代の精神医療、病院の診察室では睡眠時間もとれない中、過酷に診られている先生方にはいつも敬意を表するところであります。ただ、2時間待ちの3分間治療といわれる現代、その多くが薬物治療。症状を訴えれば、それに応じた処方がなされる。一時は症状は治まるのだが、やがて症状はしつこくも発現してくる。お薬によってその本来もっている当事者の感情や動作、表情等が皮肉にも抑制される中、生きづらさを感じている人たちも多いのも事実。


  闘病生活の中では、鬱状態になったり、幻聴が活発になったり、不安症状がきつくなったりと、それは筆舌では語れないものです。人生の多くの時間をこの病気と共に生活をしなくてはならない現実。
だからこそ、この病気と共に生きていくこと、そしてその意味、更にはそこから発見される「真っ裸の自分」を学ばなければならないと私は感じるのであります。
 これは決してあきらめの道程ではありません。そこを通って見えてくる人生の景色は、当事者にとって私はとても有意義なものになると信じています。


 加えて、病気を受け入れると同時に、類縁の友を持つことも重要と考えます。

確かに治すことも大切。しかしそれよりも、当事者がこれからどう生きるか、症状があったときの自己対処、転んだあとどうやって起き上がるのか、なんのために生きるのか、このような場合友はどうするのか・・など。

 これらを私たちや当事者同士がじっくり話し合うこと、これこそが最も重要な部分と私は経験的に感じるのです。当事者の皆さまにとっては、これらをざっくばらんに話せる「類縁の友たち・時間」がもっとも貴重なおクスリなのかもしれません。
そこを通って生まれる発見こそ、自身の新たな人生感に至り得ていくと感じてなりません。
 

  「あるがままに生きる」

自らの病気を否定せず、病気と共に生きていく。大切なのは医師でもなく、私たちでもない。
同じ境遇をもった、戦友であり、時間であると私は感じるのであります。
そこには、おくすりでは出せない、「安定」があるように思います。 




メンタルヘルスONLINE
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/
by mental-online99 | 2014-04-10 17:37 | 統合失調症 | Comments(0)
メディア報道の威力はすごいものである。当社も数年前、ゴールデンタイムにTV番組で紹介された時には、老若男女とわずもの凄い反響に驚いたものである。今回のSTAP細胞(小保方さん)にはiPS細胞以上の衝撃と政策勢いが重なり、結果よりも先に日本中から世界をあっと云う間に割烹着を着た彼女の人気を押し上げた。

 と思えば、まるで桶狭間の合戦で味方も敵にすべて寝返ったかのような理研や上司仲間の変貌ぶりには、政治的圧力や権力にしたがう日本の裏側を垣間見たような気がいたしました。恐怖に怯えながらも、メディア慣れもしてないわずか30歳女性一人が、何十何百のカメラとフラッシュに長時間向かい合うその澄んだ眼からは「捏造・悪意」の文字は私には微塵も感じ取れませんでした。彼女はドクターストップを振り切ってまで、この説明責任を果たしたようです。

 一方で、日本の研究者をはじめ社会人たちは、「一回」のミスも冒せないと肝に銘じ刺された一日であったことでしょう。伸びようとする若者を叩く。これは昔も今も変わっていないと感じました。本来、このような人はどんどん伸ばして上げないとならない。ここで叩かれると、反省する間も、工夫する間もなく心が病んでしまう。

 又、見ていて残念でならなかったのは、報道記者たちの質問が今の小保方さんの心理状態に対し高圧的であり、マトの外れた内容だったことです。私も、この業界でいろいろな圧力を経験した一人であるだけに、本当に残念でなりません。

 でも、ある意味、多くメディアの前で震えながら説明責任を果たす姿に、本当の「女侍」を見たような気もしました。

 「人はがむしゃらに努力をしている限り、大きな過ちを犯すものである」

 私は、応援しております。今日はホントのつぶやき。

 

メンタルヘルスONLINE
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/
by mental-online99 | 2014-04-09 21:45 | 未選択 | Comments(1)
不安症状、それを掘り起こしていけば、行き着くところ「死の恐怖」であろう。
昔の人たちは諸外国より腹切りニッポンと恐れられた。今日、ニュースでは坂本龍馬の直筆書状が見つかったようだが、龍馬の生きざまを考え現代と照らし合わせてみると、その精神もことのほか変化したように思う。
 平成の現代、何の異常もないのに寝込んでいる、いや寝込んでしまう疾患がある。血液検査、心電図、内視鏡検査など何をしても異常はない。しかし、当事者は「私はなにか重病があるのでは?」と毎日取越し苦労をしてすごしている。ただ、これは体験者しか理解できない部分もあるが、筆舌では言い難い不安症状、恐怖症状を伴うのが多い。

 いわゆる「不安神経症」である。
急に不安になる、死ぬのではないか、呼吸困難感を伴い過呼吸にもなり、血圧の上昇、心拍数の増加(乱脈)、など、ひとたび不安に襲われると交感神経の亢進も伴い、これらの症状が発現する。性格傾向としては、神経質で真面目、繊細でいて優しい。仕事も勉強も、この神経症を解決すれば、極めて優れた成績をあげる人も多い。
さて、その当事者は、慌てて救急車を呼ぶのであるが、病院へ到着するころには、落ち着いている場合が多い。

 では、なぜこのような不安症状が現れるのか?
それは、ある一定年齢に達すれば、何かのきっかけで健康不安に陥る。それは、たとえば知人から「顔色が悪い」、医師から「不安を与えられた」、自身でインターネットなどで不安や恐怖となる記事を見聞きした、あるいは、不整脈(期外収縮)を体験した、激しい動悸を体験をした、など挙げればきりがないほど心身の変化がある。その当事者、これまでは自身の目標や欲望に沿ってその心は「外」に向いていた。しかし、先述のように、なにかのきっかけでその方向性が一気に「内」へ向いた結果がこの不安、パニック症状であると考える。

 ここまでくると、大部分がそれ(病気、症状)にこだわる。
重病になったのではないか、と「とらわれ」仕事や勉強にもまったく手が付けられなくなってしまう。ここから始まって、終わりなき病院めぐりが始まるのが多い。

 この心の内に向いた非建設的な精神エネルギーが「不安症状」である。
一方、これまで仕事も目標にむかってバリバリ頑張っていた建設的な心の状態も同質のエネルギーであり、その違いは外か内かの方向性が異なるだけである。

 この「内」になると、多くの人が昼間問わず寝込んでしまう。
20代の若者がまるで御爺さん御婆さんのように、寝たまま引きこもって外出困難の人たちを多く私も見てきた。
これを根治するには、十分すぎるほど、この不安神経症の本態を知り分けないとならない。いわゆる、敵を知らずして戦うべからず、である。

 不安神経症の人たちの特徴として、「自分はこれだけ重い症状をもって大変な思いをしている」、と他人に何度も理解を求める。しかし、当事者たちは言えば言うほど不愉快な思いをすることになる。
 と云うのも、不安神経症の人たちは何度も云うように、完全主義者が多い。従って、症状を言って苦悩を訴えても、自分が想像したほどの返答がかえってこないからである。私のところでは、当事者には一切症状は他人に言ってはいけないと禁じている。

 また家族も「今日の具合はどうか?」と何度も聞かないこと。当事者に具合はどうか?と云うと、必ず当事者たちは、具合が悪いところを探してしまうからである。

 解決の早道は、「暇は無味無臭の劇薬なり」、と云うように常に何かをしている生活を心がけたい。
不安神経症は我々からすると、病人として扱えば、いっそう悪くなり、健康人として扱うと回復も早いのが本態のひとつであろう。薬だけ服用していればいい、というのは少々疑問を感じてならない。

 

メンタルヘルスONLINE
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/
by mental-online99 | 2014-04-07 22:04 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

 私たちの業務は、一期一会として介入させていただくケースも多い。
一方で、もう何年も家族のようにフォローをさせていただいているご家族もいます。このように長年月にわたり、直接患者様(以下、当事者)と向き合っていると、いろんな角度から気付かされる事があります。

 その一つに、当事者心理からすると、私たちに話せても家族や主治医には話せない事柄、話題などがあります。思い起こせば私はこの業務を始めた駆け出しのころ、強い目標があった。それは、「当事者が自宅のように帰れる場所を2つ作りたい。一つは家族の元。もう一つはココだ」、と。

 この目標、未だに達成はできていないものの、目標はいまだ変わってはいないし、揺るぎもしていない。しかし、このような業務をしていると、様々な潰し圧力が容赦なく降りかかってくるものである。私はそのたび何度も、もはや刀折れ矢尽き、、、と覚悟しました。しかしながら、家族に内緒で私の携帯にかかってくる当事者の声を聴くたびに、「もう一度頑張ろう」、と思うのであります。

 統合失調症、うつ病、不安神経症、薬物依存症、アルコール依存症など、、、当事者というのは、たとえ仮に問題はあったとしても私からすると、「繊細、かつガラスのような心をもった、社会的脆弱性を持つ根はやさしい子」ばかりであります。勉強や仕事もこの「とらわれ」さえ解決すれば、かなり出来る人もいる。一方で、先述のように私たちに話せても、お偉い大病院の教授クラスのような名医と云われる先生の前では本音を述べるのかと云えば、これまた述べない。(元来特異的に問題のある人は別である)

 この溝はなんなのか、、と。
私は、この空間はなくしてはならぬ。と、いつも念頭におき電話をとり、地方へ出向く。
ボランティア要素も大きい。

 こうして書いていれば、いつであったか、親に理解されない20代そこそこの若者が、「置手紙を自宅に残し上京してきた。生活保護を受け、医療にかかるんだ、やっと病院に行ける」、と云って声高々に話されていたのを思い出します。

 もう16年も前であろうか、私の恩師から、「病気を診ずして病人を診よ」、と教えられました。
つまり、病気だけを見ていてはならない。当事者が抱えるそのもの、人を見よ。
これは、この平成の世にはぴったりの言葉ではないだろうか。現代の診察室では、多くの医師は「病気」しかみないケースが多い。しかし、このような理想像を言ってられない難解なケースもあるのも事実。

 大切なのは、その患者当事者の病気の裏側にある、心。
頓服のように効くお薬でもなく、先進の医療でもない。本音で話せる、笑顔で話せる時間と空間、信頼関係である。よくあるケースとして、治しに行った先の病院で、逆に不安や不愉快な思いをして余計に具合がわるくなった、、と云うご経験はないだろうか。たしかに病を治そうと休む間もなく懸命に治療されている医療者には敬意を表するのは云うまでもない。

 病気の裏側を、心で診る。
これは、今の2時間待ちの3分間治療では困難であろうと感じる。薬では完治しない心の問題は当事者からするといくらでもあるのが事実であろう。その結果として、通院中の子たちが、「あの~、ちょといいですか、、」と私の携帯を鳴らす問いかけこそ、時間をかけなくてはならない大切なこと、と私は感じてならないのであります。


メンタルヘルスONLINE
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/


by mental-online99 | 2014-04-03 22:18 | 統合失調症 | Comments(0)
関東地方も桜が見ごろになってきましたね。朝晩の寒暖の差もあり、この雨風で桜も少し散っていました。三寒四温、皆さまも体調管理にはお気を付けください。

 さて、神経症性による不安症状とうつ症状、ここで冷静に考えてみたい。
不安神経症になった。あるいはうつ病になった。誤解を恐れず申せば私はこれらに罹患したことが問題ではない。
大切なのは、転んだあと、どうやって起き上がるかである。

 不安と鬱、これは平成の世、現代においてごく人間らしい心の反応だからです。ましてや不安神経症やうつになる人たちの多くは神経質傾向な性格である。この神経質傾向は真面目で几帳面、ガラスのように繊細な心を持っている人が多い。繊細で対人関係が苦手にもかかかわず、飲み会、真逆な交友関係、無理な仕事などが重なり、より発症を早める人もある。女性は特に、交際相手のペースを守りがちであるため尚注意が必要でありましょう。

 現代は学生も社会人も、とにかく生活スピードが速い。
インターネットや携帯電話の普及もあいまって、情報が溢れかえり、TVを付けても画面に映し出される映像は不安を煽るものばかりであります。又、インターネットを起動させれば、これもTV以上にリアルで情報スピードも速く、これに我々もついて行かなくては社会や周囲から取り残される要因ともなります。

 言い換えれば不安症状やうつに陥ったみなさんは、このような多元的な世の中に直面し、競争し、悩み、葛藤し、歩調を合わし、自らの力で解決しようと悪戦苦闘してきたわけです。TVやネットから大量に流れてくる必要以上の情報、閲覧注意と書かれた映像、書き込みを見ればおのずと不安や鬱をともなう。
これはむしろ人間らしい反応ではないでしょうか。TVや雑誌にしてもある意味人間の完璧を映し出しています。例えば、ダイエットにしろ、学習塾、ビジネスマンのCMにしろ、医師が出演しての病気番組などでもそうです。

 私は最初に、不安神経症やうつ状態になったことが問題では無いと申し上げました。

 誤解を恐れず繰り返し申し上げれば、大切なのは、「転んだあと、どうやって起き上がるか」であります。私はここに重きを置いています。
と申すのも、このストレスのかかる情報社会、長い人生の中でこれから何度も転ぶことでしょう。
実社会では色んな局面で心理的な負荷を伴い、対人関係にも悩み、何度もこのような不安や鬱の場面に直面します。これを見いだせない人たちは、現実逃避をして不登校やひきこもり、あるいはアルコールや薬物に手を出したり、いわゆる裏社会に染まっていくケースが多いのを私たちは経験則として知っています。

 ネットやTV、広告等から放たれる大量の情報。そしてそれらに染まった人たちと対等に生活をしていくには大変な心理的労力が必要となります。不安感や鬱、孤独感、焦燥感などは今の社会からすると無理からぬことです。
転んだから、そこの部分だけ重い病気として局所的に投薬対処する、、、
長い目で見ればこれでは意味が薄いと私は考えるのです。いや、むしろ大きく的が外れているのかもしれません。
 まずは、神経質傾向な自分と知り分け、それに見合った対人関係での「間合い」、「仕事術」、「生活術」を建設的に考えたうえで、不安と鬱の理解、予防、防衛をしていかなくてはならないと考えます。

 転んだあと、どうやって起き上がるのか、、。

ぜひ、長い眼でで学んでいただきたいものです。

続きは、また次回に。


メンタルヘルスONLINE
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
http://ws.formzu.net/fgen/S84758081/
by mental-online99 | 2014-04-01 20:01 | 不安障害・パニック障害 | Comments(0)

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記。不安障害・鬱、アルコール依存症などを語ります。


by Mental Health Online
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30